坂井歯科医院 | 昭和区いりなか歯医者

坂井歯科医院 | 昭和区いりなか歯医者

坂井歯科医院 | 昭和区いりなか歯医者

  • アクセス

検診・検査

1歳6ヶ月検診、3歳児検診、学校検診、企業検診等の歯科検診では、限られた時間の中、光量の少ない環境で口腔内の診査を行います。そのため、進行のわかりにくい歯周病や、歯と歯の間の隠れた虫歯などは見落とされることがあります。
歯科検診とともに、歯科医院での定期的なチェックをぜひおすすめいたします。

検診の流れ

Step 01
妊産婦検診
歯ブラシ指導と歯石除去、検診を行います。
Step 02
赤ちゃん6ヶ月検診
お母さんの定期検診(これ以降希望により半年毎)。赤ちゃんのお口の育て方や歯ブラシの習慣付けを行います。
Step 03
赤ちゃん1歳検診
上下前歯が生えていればフッ素を塗布します。歯ブラシ指導・摂食嚥下指導を行います。
Step 04
乳幼児検診
3ヶ月毎の定期検診を行います。
フッ素は年に3〜4回くらい塗布します。
Step 05
小児検診
乳歯列期から永久歯列へ。虫歯予防から噛み合わせや歯並びの定期的診査を行います。永久歯の虫歯予防に移っていきます。
Step 06
一般歯科・歯周疾患検診
6ヶ月ごとの歯周病、虫歯の検査と歯のクリーニングを行います。40、50、60、70歳での検診、企業検診、なごやか検診を行います。
Step 07
在宅ねたきり高齢者訪問歯科検診
往診スタッフが訪問診療を行います。
口腔ケア、リハビリテーションなども行います。

一般歯科検診

歯周病、虫歯、口臭、口腔がんの検診は随時行っています。お気軽に相談ください。
また全身疾患の既往(特に心臓病や血が止まりにくい薬を飲んでいる方など)がある場合は担当医にお知らせ下さい。

歯周疾患検診(旧なごやか検診)

名古屋市の行っている節目検診で 毎年度の4月1日時点で、40歳・50歳・60歳・70歳・80歳の市民の方が受ける事ができます。 クーポン券が配布されますが、対象者であればクーポン券がなくても受診できます。 口腔内一般診査などが無料になります。 なお、より精密な歯周病検査や歯石除去、患者さんに合わせた詳細な保健指導などの診療は医療保険の適応となります。 詳細は自治体にお問合せ下さい。

企業検診

各企業健保(トヨタ、デンソーなど)の検診を希望の方は受付で検診用紙をお渡しください。

骨粗鬆症リスク判定

当院では50代以降の女性を対象に 当院で撮影するパノラマレントゲン写真を用いて 骨粗鬆症のリスクを判定し、危険性がある場合は連携医療機関に紹介致します。 (愛知県歯科医師会 骨粗鬆症対策医科歯科連携事業 登録医) また ビスホスホネート製剤服用前、服用中の検診、口腔ケアについても相談して下さい。 ビスホスホネート製剤による、顎骨壊死のリスクが非常に少数ですが報告されています。 内服薬での危険性は大変低いので、適切な口腔ケアや処置で予防できます。

口腔がん検診

少しでもお口の中の異常が気になったら相談して下さい。 今までの経験を生かし、そのリスクを判断します。

がん治療における口腔検診

がん治療中(手術、化学療法、放射線治療)はお口の中のトラブルが命に関わります。
口内炎や口腔内の感染巣の急発などは、 治療前からの口腔ケアで予防しましょう!

在宅ねたきり者検診

訪問診療で見て欲しい患者さんのお宅に検診に伺うことができます。 詳細は訪問診療のページを参照してください

妊産婦検診

妊娠中は、ホルモンバランスの崩れや日常の口腔清掃がおろそかになり,歯垢,歯石,舌苔などが増加します。
また、口の中が酸性になり,妊娠性歯肉炎,妊娠性エプーリス,むし歯や歯槽膿漏など の歯の病気になりやすいのです。
正しい知識にもとづいて、むし歯などの疾患から歯を守ることは,発育しつつ あるおなかの赤ちゃんや子供さんの歯のためにも重要なことです。
最近では妊娠している女性が歯周病にかかっている場合、早産になったり、低体重児 を出産する可能性が高まるという研究もあります。
治療に関しても薬剤の使用や放射線の照射は少なからず影響を与えます。
歯は胎生35日~40日頃よりでき始めます。母親の健康状態は胎児にも大きな影響を与 えます。

妊産婦歯科診査

名古屋市では、妊産婦歯科診査を公費で実施しています。
診査以外の治療等を受けた場合は保険料自己負担金が必要。
手続き 受診票(ピンク色)は、母子健康手帳と共にお渡しした『母と子の健康のために』に綴り込んであります。
この受診票と母子健康手帳を受付へ出してください。
・対象:妊娠中から出産後1年以内の方
・内容:歯科医師が歯科診査、保健指導を行い診査結果を母子健康手帳に記載
・費用:診査については無料(歯石除去などをする場合は保険診療となります)

妊娠性歯肉炎

妊娠2-3ヶ月頃よりあらわれ、中期以降に悪化します。
黄体ホルモンの作用により歯肉のうっ血や充血をきたすことにより発症し。
歯垢や歯石の刺激によって悪化します。
分娩で消失に向かいますが、授乳期まで続くこともあります。

妊娠性エプーリス

歯肉が部分的に増大するもので、エストロゲンや歯垢、歯石の刺激が関与する。
分娩で停止、縮小する。出産後摘出します。

妊婦さん、授乳中の方の診療

どうしても歯科治療が必要になった場合は妊娠4-7ヶ月に行います。また、産後1ヶ月は避けた方が無難です。
妊娠中、授乳中は極力治療を避けますが、口腔内トラブルによる精神的ストレスがお母さんの体や胎児、乳幼児に悪影響を及ぼ すようならば治療を行います。

レントゲン撮影

基本的には歯医者さんで撮るレントゲンは胎児に影響は及ぼさないと言われています。
しかし、できるだけ撮影は避け、特に妊娠初期、胎生2-6週は催奇形性の問題があるため避けます。

薬剤の使用

妊娠中は出来るだけ投薬が避けたいものですが、治療上の有益性が危険性を上回る場合に投薬します。
例えば痛みによるストレスが強かったり、膿がたまって全身に回る危険性がある場合は投薬します。投薬の際は安全性の高い薬剤を使用します。
授乳中は抗菌力が強く、乳汁移行性の低いペニシリン系かセフェム系、アレルギーが ある場合はマクロライド系を投与します。妊婦さんにはセフェム系の中で安全性の高いエステル化剤を使用。消炎鎮痛剤はアセトアミノフェン系の薬剤を使用しています。

局所麻酔薬の使用

出来るだけ使用しないようにしますが、疼痛をかかえたまま治療するよりも、無痛で治療した方がストレスもないです。
そのため、治療をすると決まれば安全性の高い麻酔薬を使用します。
リドカイン系麻酔薬を使用。フェリプレッシン系は子宮収縮作用と分娩促進作用があるので使用を避けています。

妊婦さんの診療体位

おなかが大きくなってきた妊婦さんの場合、仰向けで寝て診療するのは大変です。
そのため少し起こした状態で診療することもあります。

幼稚園・保育園・施設検診

幼稚園・保育園等の施設検診を行っています。
当院では広路幼稚園、やまさと保育園、愛知育児院 南山寮の歯科検診を定期的に行っています。
1、園児の歯科検診
2、保護者向け講習会やパンフレット配布
3、園児向け歯ブラシ指導
の3本柱で子ども達のお口の発達を促しています。

このページのトップへ ▲


坂井歯科医院 SAKAI DENTAL CLINIC

名古屋市昭和区いりなかの歯医者さん
坂井歯科医院

466-0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町6-6
TEL:052-832-5637

© SAKAI DENTAL CLINIC